本文へスキップ

TEL. 044-433-7171

〒211-0004 川崎市中原区新丸子東2-908-8

経営理念CONCEPT

経営理念

 当社は、設立当初からダイヤモンド(cBN)ホイールの研究開発に精魂を傾けて参りましたが、この基本となり最高の商品を生み出す力は、お客様の「声」の中にあると考えております。当社の特徴であるカスタムオーダーは、どんな小さな商品の一つでも、お客様がそれぞれに満足戴ける最高のクオリティーの実現が必要であると考えており、このためには、常にお客様の「声」に真摯に耳を傾け、常に、お客様にとっての「最高」の商品を追求する企業でありたいと考えております。


社長挨拶

 昭和25年(1950年)にオリエンタルダイヤ研究所の創業者である五味正七朗が、国産初の模造ダイヤ(ラインストーン)の自動加工による量産化の研究に取り組みその実用化に成功致しました。昭和28年(1953年)には、自社研磨用のダイヤモンドホイールが開発され、創業者の名前の「五味」(53)と開発年次の1953年を記念して株式会社オリエンタルダイヤ工具研究所ロゴマークのロゴマークを制定し、それから半世紀以上経過した現在でも、当社製品のシンボルマークとして広く皆様にご愛顧頂いております。
 当社独自の技術で研究開発されたダイヤモンドホイールの性能は、ユーザーの皆様から確固たる支持を頂き生産量も順調に増加を続け、昭和37年(1962年)に会社組織に改編し「株式会社オリエンタルダイヤ工具研究所」を設立致しました。
 21世紀に入って当社の主力製品である「ダイヤモンドホイール」及び「cBNホイール」は、当社のたゆまぬ技術・開発力により進化を続け、時代とともに国内は及ばず、市場は中国や東南アジア諸国を始め海外に展開し、需給関係の裾野の広がりでグローバル化の一途を辿っております。
 2012年に当社は、会社設立50周年の節目の年を迎えました。創業以来培われてきた日本のモノづくりの精神を忘れず、いつの時代でもお客様のニーズと信頼にお応えできる「技術指向」のダイヤモンドホイール専門メーカーとしての変わらぬ使命をこれからも誠実に歩んでまいりたいと思います。

                           代表取締役社長 五味正人 

品質方針

1 顧客満足の向上を中心に、全ステークホルダーとの良好な関係を築く。
2 製品品質および業務システムの継続的改善を行う。
3 新製品の積極的な開発と現業の収益管理体制の強化を図る。



環境方針

★ 基本理念
 株式会社オリエンタルダイヤ工具研究所は、ダイヤモンドホイールの製造において生じる、 環境への影響を最小限に抑えるために、環境管理システムを構築・維持し、環境保全活動に取り組みます。

★ 方  針
 原材料及び部品の調達・製品の開発から廃棄にいたる、あらゆる過程において、次のテーマを重点事項として取り組みます。
 1. 廃棄物の削減及びリサイクル化の促進
 2. 省エネルギー化の実現、省資源の推進
 3. 化学物質の適正管理
 4. 環境に配慮した製品設計・開発

 この環境方針は全社員が適切に行動できるよう周知させ、環境に対する認識と意識の向上を図ります。


バナースペース

株式会社
オリエンタルダイヤ工具研究所

〒211-0004
川崎市中原区新丸子東2-908-8

TEL 044-433-7171
FAX 044-411-0201